はじめての方へ

幼少期からの英語教育の必要性

公立小学校では小学3年生から英語の授業が始まり、身近な存在となりましたが、
同時に日本の英語教育に対する欠陥や問題点も叫ばれるようになりました。
英語が母国語ではない日本では、英語に触れる年齢は低ければ低いほど習得効率が高いため、
今までの英語教育とは異なる、「新しい取り組み方」が必要なのです。

チャットGPTの台頭によりネイティブ講師も置き換わる時代に

チャットGPTの台頭によりネイティブ講師も置き換わる時代に

チャットGPTの発達により、今後ロボットと対話をし英会話練習をしていける時代が到来します。英語教育市場はまさに新しい段階に入るのです。 中学生までの間に基礎英語を身に付いているかいないかで、その後の英語力は格差は大きくなると考えられます。幼少期から中学生までの時期に効率的かつ効果的に英語基礎を身に付ける必要があるのです。

日本の英語力は先進国の中でも低い

日本の英語力は先進国の中でも低い

世界112カ国の英語能力評価結果によると、なんと日本は78位。日本の英語力は世界の平均水準を下回っていることから、日本の英語教育に問題があることは明白です。グローバル化が進む昨今において、日本が取り残されることがないよう、親世代の意識改革が求められています。

日本の英語教育は習得までに約20年

日本の英語教育は習得までに約20年

従来のESL方式は、シーン別に定型文を暗記したり、むやみに単語を覚えることが中心で、これでは文章を組み立てる力がつきません。日本語の特徴は「は」「が」「を」「に」「で」などの「助詞」を使って文章の意味を伝えます。英語は「助詞使用」の代わりに語順を使うため、ESLは日本人には非常に非効率的な学習方法です。したがって、早期に自然な英語の語順や表現を身につけることが重要です。
おうちインターでは、キッズ・子どもたち(小学生など)が、ビッグデータを分析した科学的方法で最高効率を上げることができます。

言語の黄金期にグループレッスンで消耗している

言語の黄金期にグループレッスンで消耗している

日本の幼児向け英語教育は、英会話教室のグループレッスンやアフタースクール、プリスクールなど集団生活の中で英語を学ぶ機会が多く、お子様によってはアウトプットが足りなかったり、分からないまま過ごしてしまう結果、他のお子様との遅れを感じて英語が楽しいと感じられなくなってしまうことがあります。
スクール側のカリキュラムの進行スケジュールがあるため、個人のペースや理解度に合わせることが出来ず、結果身につかないまま言語の黄金期を過ごしてしまうことがあります。

日本の小学校ではフォニックスの重要性が認知されていない

日本の小学校ではフォニックスの重要性が認知されていない

フォニックスは発音と文字の関係性を学ぶ音声学習法で、日本の小学校ではその重要性が認知されないことが多いです。日本語の特性上母音(あ、い、う、え、お)の種類が他の言語に比べて少ないです。そのため、第2次成長期(10歳~)以前の顔面や舌の筋肉の固着化が起きる前に、フォニックスの正確な学習が必要です。

7歳が言語習得の臨界期

7歳が言語習得の臨界期

言語習得における臨界期とは、『学習に最も適した時期の最終ライン』のことで、ワシントン大学の研究データによると7歳頃とされています。「言語学習は早ければ早い方が良い」と、よく耳にしますが、人間の脳の構造に基づいた研究データが発表されているからです。

おうちインターが選ばれる理由

EFL環境で学ぶ日本のお子様が効率的・効果的に学べる
「質にこだわった」学習カリキュラムを提供します。

丸覚えではない、自分の言葉で話せる特殊トレーニング

オンライン校で提供するLST DRILLは、英語と日本語の語順を理解し、英語で文章を組み立てる集中的なトレーニングで、文法や構造を理解することから始めることで、センテンスにする力を身に付けていくことが可能です。

体系的に段階的に学べる唯一無二の独自開発カリキュラム

おうちインター独自開発の教材、レッスンプランで段階的に学ぶことができます。お子様の英語学習歴や年齢に応じて最適なレベルをご提案させていただきます。コースによっては体験レッスン前に事前レベルチェックテストをご受験いただきます。

講師の質が高い

アルバイト採用に頼らず、当社がトレーニングした指導経験のあるフルタイム講師が所属しています。採用合格率5%のネイティブを中心とした講師陣がお子様の指導にあたります。LST(ランゲージストラクチャートレーニング)コースは指導経験豊富な日本人バイリンガル講師が担当します。

読み書きの強固な基礎を身に付ける

インターナショナルスクールでも、体系的な英文法教育はカリキュラムにありません。また、日本の英文法教育は試験対策がほとんどです。おうちインターのカリキュラムを通じて、自然に話して書く原理を難しい文法用語を使わずにトレーニングすることが出来、EFL環境で学習するお子様が強固な英語基礎力を習得することが出来ます。

生徒の学習進度を徹底管理

独自のLMS(学習進度システム)により、お子様の学習進度を事務局側で管理。数値化された分析データを基にマンスリーレポートをご家庭にお送りいたします。必要に応じてお子様の学習方針をコンサルティングさせていただき、安心してご自宅での学習を見守ることが出来ます。

OUCHI INTER(おうちインター)の教育理念

教育ビジネスは利益の追求よりも、教育者として設立者の教育哲学が重要です。

幼少期から中学生までの時期に効率的かつ効果的に英語基礎を身に付ける必要があると考え、子どもたちにとって本当に必要な学習カリキュラムを追求し、より短期間で効果的かつ効率的に学習するために、ビッグデータと学術的研究結果を適用した18段階のカリキュラムを提供しております。

EFL環境で学ぶお子様にとって、言語の黄金期にご自宅でもより有意義に学べるよう、より効率的な学習カリキュラムを追求しているのがOUCHI INTER(OUCHI INTERNATIONAL(おうちインターナショナルスクール)の略)です。

LATVER(Language Acquisition Training via E-Robot)式LST(言語構造訓練法)はOUCHI INTER独自のカリキュラムであり、日本語と英語の文法的な違いの分析を基に、頻度の高い単語及び文章パターンを抽出し、シーケンスアルゴリズムを適用した英語脳開発トレーニングです。基本的な英語会話力の向上だけでなく、英検対策およびエッセイライティングのためのスピーキングおよびライティングの基礎力も身に付くように設計されています。

むやみになんとなく英語学習続けるのではなく、現在のお子様に必要な英語学習をきちんとアドバイスし、最適な提案が出来るのがOUCHI INTERです。最先端の学習カリキュラム(LST ※特許出願中)も是非体験してみてください。

© 自宅こども英語塾「おうちインター」オンライン英会話&自宅マンツーマ ンレッスン